ウルンラップでガサガサかかとをツルツルにしてみた

スポンサーリンク

万年ガサガサかかとだった私ですがウルンラップのおかげでツルツルかかとに改善できたので紹介します。

私のかかとのガサガサ具合は酷いものでした。 ひび割れすぎて、ストッキングをはいているとおろしたてでも数日で伝線してしまう。ひび割れから血が滲んでくるほどでした…。

人前で靴を脱ぐこともないし、デニールの厚い黒タイツを履いていれば人から見られないからいっか~と思っていました。(すごいズボラっぷり)

どれくらい酷いか、以下どうぞ。
※ガサガサかかと画像出ます。ご注意を。

いい加減このかかとを何とかしたいと思いたち、毎回の風呂上りにかかとにクリームを塗ってみたりしたんですが、効果なし。

色々調べてみると、まず角質を削らないといけないらしい。そこで角質削りの道具として白羽の矢がたったのがウルンラップでした。

使い方は、

お風呂でかかとをふやかす→ウルンラップで削る→クリームを塗る

1回削っただけではまだ角質が残っていたので、中2日空けてもう一度削りました。十分削れたら、あとはお風呂上がりのほか、寝る前や寝起きなど、気になる時にクリームを塗って1週間ほどでご覧の通り。

風呂上りそのまま。クリームなど塗ってない状態です。真冬にかかとがガサガサじゃないって私の中では奇跡です…。分厚い角質はツルツルに復活させることはできないので、削って除去する必要があり、除去したらクリームで補修する、というステップを踏まないといけなかったんですね。

ガサガサかかとで悩んでる人にはぜひ!ウルンラップを使ってみてほしいです!

ちなみにクリームはユースキンを使っていました。ポンプタイプは楽ですよ。