温泉に行きたくなる!ひとり温泉本2冊

スポンサーリンク

興味を持ったきっかけ

どういう経緯でたどり着いたか忘れましたが、月山ももさんという方が書いている「山と温泉のきろく」というブログを2年ほど前から愛読しています。タイトル通り、月山さんが訪れた山や温泉旅館のレビューを主に投稿されているのですが、これがまた魅力的で読んでいるだけで行った気になれるんです。結婚して一人で好き勝手に行動することはほとんどなくなりましたが、このブログを読んで一人出かけた気になって満足していました。

ひとり温泉本の発売

その月山さんのブログをもとにした著書が2020年10月末に発売されました。そしてほぼ同時期に永井千晴さんという方も温泉本を出版されました。この二冊を読んで私の温泉行きたい欲は最高潮に高まっております。

ひとり酒、ひとり温泉、ひとり山 /月山もも

ひとりでの居酒屋、温泉旅行、登山、旅にまつわるエッセイ。エッセイなんだけど、ブログのようなレビュー+月山さんのひとり思想を垣間見れるエッセイで構成されており、めちゃくちゃ読み応えあります。行ってみたい温泉旅館、お店ばかり!

女ひとり温泉をサイコーにする53の方法/永井千晴

こちらは温泉や温泉旅の指南本。温泉についての解説が豊富で自分に合った温泉を見つけられるチャートもついており、これから温泉を知っていきたいという私のような初心者でもとても勉強になりました。

本当の温泉に入ったことないんじゃないか疑惑

温泉に入る機会は小さいころからちょくちょくあって、家族旅行でも温泉旅館に泊まったりしてたんですけど、温泉の良さを理解できずにここまで来たのはなぜなのか?今まで入ってきた温泉というと、大浴場があるような旅館やスーパー銭湯がほとんどです。なので、塩素での殺菌消毒・加水・加温・循環をガッツリしているダイレクトに温泉のパワーを感じられない温泉だったのではないかと思いました。

サウナは気持ち良いことがわかったから、温泉もいけるんじゃないか

ドラマ「サ道」が流行っていたころにツイッターでサウナレポマンガを読んで、「サウナも水風呂も苦痛でしかなかったけど、こんなに気持ちいいというならやってみたい」と思い、試しにやってみたら見事にハマりました。(が、ハマった直後にコロナ蔓延&妊娠発覚で最近はサウナ行けてません。出産して暇ができたらまた行きたいなぁ。)同じように温泉もハマれる気がするんですよね…。泊りがけの温泉旅館は無理でも近場の日帰り温泉から温泉パワーの良さを体感したいです!